認定歯科衛生士とケアマネジャーとは

歯科衛生士の次のステップとして、認定歯科衛生士とケアマネジャーがあります。認定歯科衛生士とは、特定する専門分野において高度な業務実践の知識・技能を有すると認められた歯科衛生士と定義されています。日本歯周病学会認定歯科衛生士・インプラント専門歯科衛生士・ホワイトニングコーディーネーターなど6つの分野が存在します。ほとんどの資格取得条件が、その学会に所属していることと指定された講習を受けていることが条件となります。歯科衛生士として働き、もっと高いレベルを求めるのであれば、認定歯科衛生士に挑戦してはいかがでしょうか。

歯科衛生士として5年以上かつ900日以上の実務経験があると、ケアマネジャーの受験資格が得られます。ケアマネジャーの資格を所有し、歯学の分野を飛び越え介護支援専門員として働くことができます。ケアマネジャーの仕事は実にたくさんありますが、最も大切なのは要介護認定を受けたお年寄りとその家族の相談に乗り、現状を把握した上でいつどんなケアが必要なのかプランを立て、介護施設と連携を取りながら調整を行います。経験が浅いケアマネジャーは、ご家族からの質問に回答できないことも多く、最初はかなり大変かと思いますが、一生涯をかけてできるやりがいのある職業です。