歯科衛生士の専門学校

歯科衛生士は、女性に大人気の職業です。歯科衛生士の仕事内容は、歯科予防処置、保健指導、歯科医療の診断補助です。歯科予防処置は、主に歯石除去クリーニングとフッ素コーティングです。歯医者に行って歯のクリーニングをしてくれるのは歯科医ではなくお姉さんがやってくれることが多いですね。保健指導は、虫歯にならないためのお話をしたり歯磨きの講習を学校や児童館で行うことです。診断補助は、歯の治療の際の歯科医のサポートがあげられます。それは歯科助手じゃないの?と思われがちですが、歯科助手は国家資格はなく治療に関わることはできません。主な仕事は、受付や器具の掃除など雑務担当です。給与や待遇も大きく違います。

歯科衛生士として働くには、厚生労働省と文部科学省が認定する歯科衛生士養成の専門学校に3年間通う必要があります。1年目は座学を中心とした歯科に関する基本講義、2年目は基礎実習、3年目は応用実習がメインとなります。その課程をすべて修了し年に1回3月に行われる歯科衛生士国家試験に合格すれば歯科衛生士の資格がもらえます。

試験科目は複数ありますが、すべてマークシートであり合格率は95%とかなり高い確率で合格できます。専門学校を卒業できた人なら難しい試験ではないと言えるでしょう。主婦の方のパートとしても働きやすいので、主婦層の受験者も増加しています。本サイトでは、歯科衛生士になるための方法についてご紹介します。